株初心者が覚えておくべきこととは

株初心者が思い浮かべている株のイメージ

株初心者がまず最初にやること

株式投資は多くの方にとって大変重要な事となるのです。
自分の好きな銘柄を選んで投資を行なっていく事で自分の資産を大きく増やす事が可能です。
サラリーマンになって自分の収入を得るとまずは給与を貯金などに振り分ける事を行なっていくのではないのでしょうか。
一定量の貯蓄が出来上がった段階で次はそれを適切な投資に振り分けていくかと思いますが、株式投資は大変リスクに富んだ金融商品ですので、常に勉強を怠ってはいけません。
サラリーマンとお金のイメージ

自分のリスク許容度に応じて最適な資産配分を判断していくことが勝ち負けを分ける要因にもなり、株式投資と一口に言っても大変多くの銘柄があるのでそれらが個別に色々な値動きをします。
初心者はまずは新興市場銘柄などのハードなリスクをとる銘柄を扱うのではなく、東証一部上場銘柄などに堅実な投資を行なっていく方向で進めていくと良いでしょう。
株初心者は株主優待や配当利回りなどに着目した投資を行なっていく事で長駆的な安定した資産運用を行なっていく事が可能であり、ドルコスト平均法などの投資を行なっていく為の知識を身につける事で自分の資産運用をより確実に行なっていく事ができます。
テクニカル指標の最低限見方や経済カレンダー適切に見ていく事で自分なりの相場観養っていきましょう。
ロスカットなどのタイミングをきちんと見つける事でより安全で長期的な資産運用を行なっていけるようにもなるので、株初心者にとってはいかにして自分の資産を大きく毀損させないかは大変重要な問題となるでしょう。
また、資産を大きく毀損させない方法としては投資のプロである投資顧問に頼るといいでしょう。
投資顧問は多く存在していますが優良の投資顧問会社と言われているジャパンストックトレードに投資の相談するといいでしょう。
ジャパンストックトレードは株式会社CELLが運営していて、優良な銘柄情報を提供してくれると言われています。
株は銘柄で選ぶのがおすすめですが、どの銘柄を選ぶかの基準を教えてくれるはずです。

資産運用の成功法

資産運用を成功させるためにも充実なサポート体制が整っている、アドバイザーに相談をしましょう
資産運用のサポート窓口を徹底比較

株に関する単語を覚えておこう

株式投資は多くの専門用語などがあり、多くの方はこのような専門用語の羅列に大変困る事があるのではないのでしょうか。
株式投資は経済や金融など多方面な学習を行なっていく事でより円滑に進めることができます。
株初心者の方はまずは口座を開設した後で投資に関する学習を行なっていく事となります。
投資においてはマクロ経済やテクニカルチャートなど覚えるべき分野も大変多いので、数冊投資に関する専門的な文献読み込んでいく事で基本的な用語やそこで書かれている内容に沿って体系的に知識を構築する事もできます。

株の単語覚え中のサラリーマン

また口座開設した後ではオンライン証券会社の提供するサマリーなどを毎日スマートフォンで適切に読み込んでいく事で日々のマーケットがどのような材料で動いていくかを理解する事もできるので、普段から自分の為に経済や株式投資に関して適切な学習を行なっていき、さらに高いレベルで自分の収益を上げる事が出来るのです。
日経新聞やブルームバーグ、ロイターなどを読み込んでいくと様々な記事から様々な知見を得る事が可能となるのです。

まず株を始めたばかりの頃は様々な視点から知識を身につけていき、大きな視点できちんとした学習を行なっていく事でより確実な資産運用を行なっていく事が出来るのです。
そして知識を身につけた後はそれに基づいて実践を重ねたことによる経験が資産運用で高いパフォーマンスとなって現れるのです。

株初心者は仕手株に要注意

株式投資をするときにはいろいろな情報を把握しているほうが利益を出しやすいですが、その情報の一つに仕手株と呼ばれるものがあります。
仕組みやテクニックを理解することで仕手株を利用して儲けることもできますし、狙われやすい銘柄を回避することもできます。
経験を積み重ねることによって、上手に活用することもできるので知識として、全体の流れを身に着けておきましょう。

仕手筋と呼ばれる集団のイメージ

仕手株とは仕手筋と呼ばれる集団が操作している株のことを言います。
仕手株は株の取引きが盛んに行われていると投資家たちに思わせることで利益を得れるという仕組みなのですが、まず仕手株として狙われやすい銘柄は株価が極端に低いものです。
仕手株のやり方は大量の株数を保有して、意図的に株価が上昇させることで、儲けるのが一般的です。
そのため、大量の株数を保有するため低価格の株を買い集めます。
株価が低いときに株価を変動させないように株数を集めていきます。
一人で大量の株を保有することはないので、組織的に取り組むのも仕手株の特徴です。

一定の株数を購入した後は風説の流布を行ったり、ランキング率に表示されるような買い方をします。
風説の流布としては、インターネットの掲示板などにあがる銘柄として情報を流したり、顧問投資家を使って情報を流してもらいます。
または、一度に大量の買い玉を入れて株価を意図的にあげてランキングに表示するようにします。
一般の投資家が食いついてくると株価は急騰していきます。
天井圏に達したところで、大量に保有している株の何割かを手仕舞いします。
手仕舞いをすると株価は暴落しますが、まだあがると信じる投資家が買いをいれることで、株価はまた上昇をします。
上昇したところで、残りの株も手仕舞います。

仕手株を最初に購入した人たちは、格安で買い集めているので仕入れ価格は安いです。
売却をするときには仕入れよりもはるかに高い金額なので大きな利益を得ることができるのです。