株初心者が覚えておくべきこととは
株初心者が思い浮かべている株のイメージ

アキレスの株併合や日本ペイントへの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資での利益は配当金と株主優待です。配当金は企業の業績によって今後の増減が決まっていきますが、株価に影響がある条件の一つに株式併合があります。
株式併合が行なわれますと市場の株価がその分相対的に上がります。例えばアキレスの場合は2016年の10月1日付けで10株が1株になりましたので、株を持っていた人の価値もその分上昇しました。このような計画はかなり事前から発表がされますので、いろいろな企業について情報に注意しておくことが大切になります。

さて株初心者のうちは事業の具体的な分析やデータを検討するのはなかなか大変ですので、まずは株主優待に注目してみるという方法も有効です。優待品が自分にすごく合っている場合はその企業自体に共感できることも多いからです。アキレスの場合は1000株以上の保有者はシューズなどの自社選定製品のカタログ優待割引販売の権利となっています。
アキレスのシューズのような製品にそもそも以前から興味があるという人には特に使い勝手がよい品ということになります。なおこの1000株というのはもともとの規定ですので、株式併合後は100株と読み替えます。このような変更にも常に注意することも不可欠です。なおアキレスへの投資では原料高や輸出先国の景気なども考慮しながら行なうことも必要です。
靴のイメージ
日本ペイントも海外との貿易が多くなっていますし自動車用が主力ですから、アメリカや中国などの景気が業績に直結します。なので日本ペイントへの投資の際にはこのような輸出国の状況や自動車の需要、あるいは円高などの要素を総合しながら行なっていくことになります。なお日本ペイントでは、アキレスの株式併合のように決算月の変更というのを行ないました。データを比較して研究する場合はこのような点にも気をつけていきます。