株初心者が覚えておくべきこととは
株初心者が思い浮かべている株のイメージ

株初心者は注意!オプトロム株のケースと為替リスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

株初心者に注意を促すイメージ株初心者にとってはどの株を購入すればよいのかという選択が難しいわけですが、証券取引所に上場している株式の場合には上場時にきちんとした審査がありますから、それなりの基準を満たした株であるという安心感があります。しかし、2015年10月1日をもって上場廃止となったオプトロム株のように必ずしも上場審査を通ったから全ての株が安心できるというものではありませんので注意も必要です。
それでは、個別の株式ではなくて投資信託にすれば、株初心者でも安心できるのではないかと思う方もおられるかもしれません。確かに、投資信託というものは投資のプロが資金の運用を行う金融商品ですから、そういう点では安心できる金融商品と言えるかもしれません。しかし、特に外国の株式や債券・REITなどを扱っている投資信託商品の場合には、為替のリスクに注意する必要があると言えるでしょう。すなわち、例えば1ドルが120円であったものが、円高・ドル安によって1ドルが100円になったとすれば、120万円で買ったものが100万円でしか売れなくなってしまうわけです。
逆に1ドルが100円であったものが、円高・ドル安によって1ドルが120円になったとすれば、100万円で買ったものが120万円で売れるということになります。ですから、外国の証券に投資をする場合には、大きく儲かる可能性もあるけれども、大きく損をする可能性もあるということに留意をするべきだと言えるでしょう。同様に、オプトロム株のような新規上場株の場合にも、大きく儲かる可能性もありますが、上場廃止となってしまうなど、大きく損をしてしまう可能性もあるということになります。